システムサポートpresents
2021年度 全国選抜小学生プログラミング石川県大会
概要

大会のチラシはこちら

【テーマ】みんなのみらい

【募集内容】テーマの「みんなのみらい」に関わることで、プログラミングを使ったアイデアを募集します。ジャンルやプログラミング言語、作成ツールは自由です。パソコン、スマートフォン、タブレット上でプログラミングしたコンテンツ作品や、ロボット、電子工作、木工工作などをプログラミングで制御した作品を画像、動画などにしたもの。実際にプログラミングしたものでなく、プログラミングを活用して、楽しい未来をイラストなどで説明した作品でも構いません。

【参加費】無料(作品の応募にかかる交通費などの費用は応募者負担)

【応募資格】石川県内在住の小学生(個人でもグループでも可)。1グループ4人以内

【応募規定】未発表の作品に限る。1人(1グループ)1作品。

【応募方法】予選大会は提出作品による審査。応募はWEBページ(Ⓐ)または郵送(Ⓑ)。決勝大会は応募作品のプレゼンテーションによる審査を予定。
※応募規約を確認した上で応募してください。応募規約はこちら
ⒶWEBページの専用フォームより応募⇒下記に設ける応募ボタンをクリック
Ⓑ事務局へ提出⇒代表者の氏名(ふりがな)、学校名、学年、生年月日、性別、プログラミング教室名、保護者の氏名(ふりがな)、住所、連絡先を記載の上、原稿用紙や画用紙に作品タイトル、作品制作の目的、開発への思いなどを記載し、郵送してください。
[送付先]〒920-8588 金沢市南町2番1号 北國新聞社事業局内「プログラミング石川県大会」事務局

【応募締め切り】2021(令和3)年10月29日(金)必着

【審査基準】技術力よりも発想力と表現力を重視します。決勝大会のプレゼンテーション審査は、発想力40点、表現力30点、技術力30点の合計100点で評価します。

【決勝大会・表彰式】
《実施日》2021(令和3)年11月28日(日)午後1時~同4時(予定)
《会場》北國新聞交流ホール(金沢市南町2番1号)
《審査方法》プレゼンテーション審査。1人(1グループ)につき、持ち時間3分で、作品の特徴やきっかけ、思い、苦労したことなど発表。

【入賞】
《最優秀賞》1点
《優秀賞》1点
《特別賞》複数点
《優秀校賞》1点
《審査員アイデア賞》1点
※副賞は、Microsoft「Surface Laptop 4」やQUOカードなどを贈呈します。副賞は変更になる場合があります。
※最優秀賞受賞者は、2022(令和4)年3月6日(日)に行われる全国大会に出場します。

【全国大会】
《実施日》2022(令和4)年3月6日(日)
※リモートで開催します。石川県代表者は県内から参加します。

【お問い合わせ】
北國新聞社事業局TEL:076-260-3581(受付時間:平日10時~18時)

【主催】北國新聞社、全国新聞社事業協議会
【特別協賛】システムサポート
【協賛】アイ・オー・データ機器
【後援】経済産業省、石川県、金沢市、石川県教育委員会、金沢市教育委員会、NHK金沢放送局、北陸放送、テレビ金沢、金沢ケーブル、エフエム石川、ラジオかなざわ・こまつ・ななお

特別協賛