キミのアイデアが
みらいを変える

 第4次産業革命が世界中で進む中、様々なコンピュータデバイスが我々の生活に変化をもたらしています。そしてついに、2020年度から小学校においてプログラミング教育が始まります。​
 「プログラミング教育」によって育まれる思考力・行動力・プロデュース力、論理的思考により、共生社会の実現やさまざまな社会課題の解決に向けて明るい未来を創造する子供たちを、全国の新聞社と共同通信社は応援します!!

全国選抜小学生プログラミング大会
2021年3月21日に開催。 
今年度はオンラインで開催しました。


全国選抜小学生プログラミング大会全国大会が開かれました。
今年度はオンラインで開催。全国から応募があった673組から地方大会を経て選ばれたファイナリスト33組が画面上で熱いプレゼンテーションを繰り広げました。
グランプリは宮崎県代表の平川晴茄さん (6年)、準グランプリは東京都代表の小長井聡介さん(3年)、あいおいニッセイ同和損保賞は徳島県代表の須崎有哉さん(3年)が受賞しました。ほかの受賞者はこちら https://zsjk.jp/news/1533/ に掲載しています。

 

たくさんの応援、ありがとうございました。

 

大会のようすはこのページに設けた視聴ページへのリンクボタンから視聴いただけます。

 

全国大会に挑んだプレゼンターは下記の33組です。
1. 宮崎県代表 平川 晴茄 (6年生) 「ぶらっしゅとーく」
2. 栃木県代表 鈴木 汰芽(6年生) 「とちまる、ミヤリー、ベリーちゃんと巡る 栃木県クイズ旅」
3. 石川県代表 片山津わくわく工作部(6、5、4年生) 「ゴミ食べる君」
4. 福井県代表 塚本 瑛太(6年生) 「フクイザウルスを救え!」
5. 大阪府代表 熊澤 克樹(6年生) 「Helate」
6. 千葉県代表 倉島 海大(6年生)「イタリアンファミレス経営ゲーム!!!!!!」
7. 兵庫県代表 チーム Luana(6年生) 「播磨町観光案内」
8. 長野県代表 青木 優羽(4年生) 「ゴミ分別ゲーム」
9. 熊本県代表 秋山 勇翔(6年生) 「SMILE TOWN in KUMAMOTO」
10. 山形県代表 寺津小5年(5年生) 「寺津のためにできること」
11. 宮城県代表 石川 颯亮(4年生) 「牛タン拾いまくれ!!」
12. 島根県代表 驛場 乙葉(5年生) 「おばけとおんなのこのものがたり」
13. 福岡県代表 李 卿瑜(4年生) 「みんなが好きになる平和のまち」
14. 秋田県代表 カネゴンズ(6、3年生) 「Making my own town」
15. 奈良県代表 都祁大名チーム(4年生)「つげの町にようこそ!」
16. 大分県代表 三城 大耀(3年生) 「クルマドローン」
17. 富山県代表 関谷 直澄(6年生) 「富山を駆け巡れ!オンラインおにごっこ」
18. 鹿児島県代表 内田 悠進(6年生) 「リズムに合わせて川上踊」
19. 東京都代表 小長井 聡介(3年生) 「体験シリーズ1.4 マスク・メーカー」
20. 佐賀県代表 古賀 巧隼(6年生) 「代わりの消しゴム」
21. 岩手県代表 三浦 碧人(3年生) 「障害があっても安心して暮らせる街」
22. 長崎県代表 藤本 佳希(6年生) 「Nagasaki & rain ~my city~」
23. 岡山県代表 口田 道哉(4年生) 「あいさつの町」
24. 群馬県代表 M&S(6、3年生) 「みんなで群馬のことを知ろう」
25. 福島県代表 エイミングフォーファイト(6年生) 「華麗で絢爛!いわきの海を生かしたまち」
26. 静岡県代表 藤間 浩之祐(6年生) 「Cat Choco Factory」
27. 茨城県代表 大村 陽(6年生) 「だるまさんがころんだ IN つくば」
28. 沖縄県代表 Jelani & Satoshi (6年生) 「不自由な人を助けるAIプロジェクト」
29. 鳥取県代表 森 凪(5年生) 「鳥取の歴史を奏でろ」
30. 香川県代表 天野 仁誠(3年生)「観音寺マップ(観光案内するよ!)」
31. 愛知県代表 川口書店(4、2年生) 「ざんねんなだけどだいすきな愛知県事典」
32. 埼玉県代表 小野 颯也(5年生) 「とだめぐり」
33. 徳島県代表 須崎 有哉(3年生) 「未来の学校 ゆっぴースクール」

参加するには?

自分が住んでいるエリアを探して、地区予選に参加しよう。 日本地図

協賛