~みんなのみらい、みんなでつくろう~
宮城県小学生プログラミング大会

作品アイデア募集!

プログラミングが好きなキミも、これから学ぶキミも参加しよう!
キミのプログラム作品・アイデアで、みんなのみらいを、みんなでつくろう。

 

大会HPはこちら

<募集要項>

【テーマ】みんなのみらい
自分のみらい、大切な人のみらい、地域のみらい。みんなの明るいみらいのために役立つようなアイデアがつまった未来志向の作品を募集します。
【資格】
宮城県内の小学校に在籍する児童(2022年3月卒業の小学6年生まで)個人、団体ともに可。団体の場合は1チーム4名まで。
【作品】
未発表の作品に限り、個人、団体とも1作品とします。
独自の発想やアルゴリズムに基づいたプログラムにより制作した、アプリ、映像、ロボット、ドローンなど。プログラミング言語は指定しません。
作品の提出だけではなく、プログラミングをどう利用して「みんなのみらい」を創りたいのか、イラストでの説明などアイデアのみの応募も歓迎します。
【注意事項】
応募は2021年4月以降に完成したオリジナル作品で、使用する各種素材(ソースコード、画像、音楽等)は、他人の著作権を侵害していないものに限ります。応募作品の著作権は応募者に帰属します。本大会に応募された作品に関して、主催者や協賛社は応募者の許諾なく無償でマスメディアおよび携帯サイト、出版物などの媒体にて利用または使用できる権利を持つものとします。応募の時点で本事項の記載内容に同意したとみなします。またスクラッチ内で使用するデータの著作権にも十分ご留意ください(例:いらすとや)。
【参加費】無料
【申し込み】
大会ホームページの専用応募フォームからお申し込みください。
・作品タイトル、制作背景、作品紹介、アピールポイント、応募者基本情報など
・作品データ:スクラッチURL、ソースプログラム、ロボットやドローンの動作動画、アイデアシートなど
【締切】9月24日(金)

<審査>

【1次選考】応募作品のうち、作品データ等による、選考を通過した作品が、宮城県大会に出場できます。
【宮城県大会】
[日時]11月14日(日)10:00~15:00(予定)
[会場]東北工業大学八木山キャンパス(仙台市太白区八木山香澄町35番1号)
[審査員]
安藤明伸先生(仙台市教育委員会プログラミング教育研究部会アドバイザー)
室山真徳先生(東北工業大学工学部電気電子工学科准教授)
佐藤健一先生(東北工業大学技術支援センター技術主任)
千葉俊哉先生(仙台城南高等学校探究科長)
鈴木紳一(河北新報社常務取締役事業担当)
[表彰] 最優秀賞、優秀賞、審査員特別賞ほか
[評価基準] 技術力よりも発想力、表現力を重視します。
【全国選抜小学生プログラミング大会】
最優秀賞受賞者が2022年3月6日(日)にオンラインで行われる全国選抜小学生プログラミング大会の出場資格を得ます。

【主催】河北新報社、東北工業大学、全国新聞社事業協議会
【後援】経済産業省、宮城県、宮城県教育委員会、仙台市、仙台市教育委員会
【協力】株式会社共同通信社、仙台城南高等学校

【問い合わせ】河北新報社文化事業部
TEL:022-211-1358 FAX:022-211-1165 E-mail:koubo@po.kahoku.co.jp

※新型コロナウイルス感染拡大の状況等により、変更・中止にする場合がございます。あらかじめご了承ください。