「鳥取県小中高生プログラミングコンテスト」に出場する児童・生徒を9月から募集します。優れた作品を手掛けた小学生は、来年3月に開催される「全国選抜小学生プログラミング大会」(全国新聞社事業協議会主催)への出場権を得ます。

詳細は大会のチラシでご確認ください。

◆テーマ・出場資格・部門 「夢~あなたの夢、わたしの夢、みんなの夢」に関するプログラム(言語不問)。対象は鳥取県内の小中高生・高専生(3年生以下)で、個人または4人までのグループ。小中学生、高校生・高専生の2部門
◆審査 一次審査は、テーマの合致性・開発目的▽アイデア性と発想-などの視点で評価し、二次・最終審査で面接、デモンストレーションとプレゼンテーション。二次・最終審査(オンライン)は12月3日(土)午前10時~午後5時に実施
◆表彰 知事賞(各部門1点)▽協会会長賞(同)▽審査員特別賞(同)▽優秀賞(各部門2点)。それぞれ賞状と副賞(5千円~5万円分の図書カード)を贈る
◆応募 未発表作品に限る。鳥取県情報産業協会ホームページ(https://toia.jp/)の応募フォームから申し込む。締め切りは10月26日(水)。
※詳細はHPでご確認ください。
◆問い合わせ 電話0857(52)6788、同協会事務局(午後1時~5時)
主催 鳥取県情報産業協会
共催 新日本海新聞社